神戸ルミナリエ2013の日程と場所

2013年も神戸ルミナリエが開催されます。

2013年の開催時期は12月5日(木)~12月16日(月)となっています。

ルミナリエの場所は神戸居留地(入り口は元町寄り)で、土日の点灯時刻前後は2時間前後並ぶこともあるので、かなり遅い時間か平日に行くのがオススメです。

各曜日ごとの点灯時刻は下記の予定になっていますが、並んでいる人がとても多い時は15~30分早めに点灯する事もあります。

月~木曜日 18:00頃 ~ 21:00
金曜日 18:00頃 ~ 22:00
土曜日 17:00頃 ~ 22:00
日曜日 17:00頃 ~ 21:30

047

神戸ルミナリエの歴史

神戸ルミナリエは、阪神淡路大震災で犠牲になった方の鎮魂の意を込めると共に、神戸の復興と再生への夢と希望を託すために、阪神淡路大震災が起きた1995年に初めて開催されました。

神戸ルミナリエは冬の神戸を鮮やかに彩る芸術作品としてすっかり定着し、毎年多くの観光客が訪れています。

2013年のルミナリエのテーマ

2013年の作品のテーマは「光の記憶」です。

【作者からのメッセージ】
忘れることのできないあの日。
神戸に輝く光の星空は、かけがえない記憶のかけら。
ぬぐいされない悲しみと未来への希望が、今も混在している。
光は、記憶そのものだ。
ヴァレリオ・フェスティ 今岡 寛和

震災で亡くなられた方のご冥福を祈ると共に、神戸の街に少しでも貢献できればと思っています。

神戸ルミナリエのホテルとツアー

ルミナリエ周辺には神戸の中心地である三宮、夜景が美しい神戸ハーバーランド、異国情緒たっぷりな旧居留地などに沢山のホテルがあります。

新神戸にもホテルがありますが、三宮から元町周辺が交通の便が良く特にオススメです。

こちらはリーズナブルな価格で宿泊できて、朝食も美味しい女性に大人気のホテルです。

ホテルピエナ神戸

大人気のホテルメイドの手作りジャムやケーキも食べ放題の朝食ブッフェは日本一になった、ロマンティックな内装のホテルです。

ホテルモントレ神戸

異国情緒溢れる中世イタリアの修道院をモチーフにしたロマネスク様式で建てられたホテルです。朝食ビュッフェも種類が多くて美味しいと好評です

どうやって運営しているの?お金はどこから?

ルミナリエは企業の協賛金や行政からの支援と個人の募金によって成り立っています。

開催当時は企業からの協賛金が多くありましたが、不況のあおりを受けて協賛金の額が年々減少しています。

現在は見物客やWebでできる個人からの寄付金が大きな収入源となっていて、募金が減ってしまうとルミナリエの存続が難しくなっています。

ルミナリエではボランティアの方が募金を呼びかけていたり、光の広場には募金箱が設置されています。

協賛の宝くじやオフィシャルグッズを買うことでも、代金の一部がルミナリエへ寄付されます。

見物に行かれたら、ぜひ募金に協力して下さい。

周辺の観光地

ルミナリエの点灯前に観光はいかがでしょうか?

観光都市神戸には観光名所や美味しいスイーツ、食べ物が沢山あります。

私のオススメの場所を一部ご紹介しますね。

【ケーキ】

・カファレル:美しい皿盛りドルチェがオススメ(北野町)
・パティスリートゥーストゥース:タルトが美味しいケーキショップ(居留地)
・パティスリーグレゴリーコレ:ショコラのスイーツが美味(元町)

【カフェ】

・カフェフロインドリーブ:教会を改装したカフェ(新神戸)
・スターバックス神戸北野店:無形指定文化財の洋館を改装したコンセプトスタバ
・カフェラ:ラテアートが人気(居留地)

048
スターバックス神戸北野店

【観光名所】

・摩耶掬星台:日本3大夜景の1つ
・神戸異人館:風見鳥の家や萌黄の館が有名。テレビで紹介されたサターンの椅子は山手八番館
・神戸ハーバーランド:夜景が美しい
・神戸居留地:建物を見て歩くだけでも楽しい
・南京町:元町の近くの中華街

049

ルミナリエ 2013の画像

ルミナリエを見に行ってきたので、画像を何枚かご紹介します。
初日に見に行きましたが平日だったためか、19時30分頃には並ぶことはなく、元町から順路通りに歩いてすんなりと観覧できました。
年々来場者が減っているのか?とも思ってしまいちょっと心配です。

13

最初に現れるのはフロントーネ(時の覚醒)。2013年のテーマは光の記憶。

13

円形の広場スパッリエーラ(光の円舞)の中央にはカッサ・アルモニカ(光のカッサ。アルモニカ)。

こちらには鎮魂の鐘が設置されていて鳴らすことができます。

13

最後にソロピース(喜びの彩り)。ブルーの光が美しく、黄色中心の光の中でひときわ目立って輝いていました。

今年も100円募金に何口か入れてきました。これからもルミナリエが続きますように。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ