和歌山県北山村のじゃばら が花粉症に効果があると金スマで紹介されました

和歌山県北山村の柑橘類果実「じゃばら」が花粉症に効果があると金スマで紹介されました。

じゃばら とは、北山村にのみ自生するカボスやユズのような香酸柑橘で、邪気を払うということから名づけられました。

食べている人達から「花粉症に効く」「アレルギーに効果がある」という口コミが広がり始め、2008年にアレルギーの学会でスギ花粉症などのアレルギーを抑制する効果があると発表されました。

花粉症の辛い症状である目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、だるさ、皮膚のかゆみなどは過剰な免疫反応が原因となっています。

花粉が体内に進入すると、花粉を身体に有害なものとご認識して体内から除去するために免疫反応としてヒスタミンなどの化学物質が放出されてアレルギー症状が引き起こされます。

北山村のじゃばら にはスーパーフラボノイド「ナリルチン」が多量に含まれていて、アレルギー反応を抑制する効果が期待できます。

北山村のじゃばらに含まれるナリルチンは他の柑橘類と比較すると圧倒的な量で、じゃばら1個にみかん191個分のナリルチンが含まれているというから驚きですね。

今までは果汁が飲まれていましたが、果皮の方がナリルチンが多量に含有されていることから、果皮を使ったサプリメントが開発されました。

市販されている様々なサプリメントは効果がないものもありますが、北山村のじゃばらを使ったサプリは特許も取得した本物です。

抗アレルギー剤などの薬に頼ることなく、自然の成分でアレルギー症状の改善が期待できるのが嬉しいですね♪

今なら、送料無料で割引セットも販売されていますので、辛い花粉症やアレルギーでお悩みの方でしたら、詳細を見て下さいね。

詳細⇒花粉の季節に!「北山村産のじゃばらサプリ。」



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ